ようこそ!「きよ志窯」へ


作品 「抱かれてあり」 より







「きよ志窯」ご案内

     「きよ志窯」 は 「アトリエ 揖」 の庭続きにあります。





窯元「きよ志」、略歴に代えて、

「勤めえ 粘土つちと遊ばん 夏木立」

・・ 7年前、庭の掘立小屋にロクロと電気窯をそろえて、
    陶芸を始めました。

啓蟄けいちつや 手に残りおる 粘土つちさむ

・・ 寒さニモ負ケズ、です。

「他を利する 為の轆轤ロクロぞ 枯れはちす

・・ 師従した陶芸家(元僧侶)のお説教です。
   「絵付け用の白い陶磁器をたくさん作って、皆さんに喜ん
    でもらいなさい。“アトリエ揖 御用達窯?” 大いに結構、
    有り難いことです。」
    ふと窓の外を見やると、枯れ蓮が風にゆれている。

「不揃いの 器並びて 秋深む」

・・ 日暮れて、道遠し、
    そろそろ 「骨壺」 も作っておかねば、、。

みづち

「展示会のご案内」    「作品集」